自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

素直さを奪うもっとも大きな原因(すなおさをうばうもっともおおきなげんいん)

人は知覚できるもので物事を判断しようとする。逆に言えば知覚できないものでは判断できない。だから、判断しにくいものがやってきたときに自分が知覚できる枠に組み込もうとする。このことが、視野を狭めてありのままの状態を受け入れることを拒否させてしまいます。人間として自然な働きこそが、素直さを奪うもっとも大きな原因になっている。

前話: 未来を思い出すという方法(みらいをおもいだすというほうほう)

次話: 人は知覚できるもので物事を判断しようとする(ひとはちかくできるものでものごとをはんだんしようとする)