自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

組成させる04〜創発


【組成させる】
 01〜我が世
 02〜偶然を科学する
 03〜蟻塚と月海のこと
 04〜創発(この記事)
 05〜トータルコンポジション
 06〜3つのTC(トータルコンポジション)
 07〜子供が成長し傷が勝手に治る(自己組織化)
 08最終〜存在連合軍


【偶然】が関係する【組成】によって
【我が世】を作るとき。

【採用する】物事として創発に注目しないわけにいかない。

例えば、

黒いマスが5つ並んでいて
左から順番にABCDEだとする。

   ■■■■■
   ABCDE

全部が黒いマス(という条件)のとき
Aのマスが白ヌキのマスになるという現象があるとする。

   □■■■■

Aのマスが白いという条件があると
Bのマスが白くなり
同時にAのマスは黒に戻るという条件付けがあるとする。

   ■□■■■

Bが白くなればCが白くなり
Cが白くなればDが白くなり
Dが白くなればEが白くなる
そういうひとつひとつの条件があるとする。

   ■■□■■
   ■■■□■
   ■■■■□

最後にEが白くなると、
自動的にEは黒く戻る条件があると

全体が黒くなるので
またAが白くなり、
B→Eと繰り返すことになる。

この独立したひとつひとつの条件
人の目には白いマスが左から右に流れているように見える。

「白いマスが流れる」というルールではなく
独立した無関係のルールの組み合わせで
偶然組み合わさったものが
人には

別のルールがあるように見え
何か意味があるように見える。

別のルールがあるように見えるのは、
白マスが左から右に流れるというルールのことで

何か意味があるように見えるというのは
それを自分や自分の人生に意味付けしたい
単なる欲求の現れでしかない。

人はこうやって意味などない偶然に
意味付けをしようとする。

少なくとも、法則のないところに法則を見いだそうとすることや
意味のないところに意味を見いだそうとするのは
左脳が自動的に行う機能ではある。

左脳はそういうふうに情報処理した方が
生きやすく、安全でいやすいと判断する。

その機能が、意味のないところに意味を見いだす。

黒マスや白マスがランダムに画面に現れるとして
(そういうランダム設定がされているとして)
確率的に
100万回それを行うと
白マスが100回連続現れることがある。
(黒マスでもいい)

2分の1の確率のもののはずが
100回も片方が出てくるということは
何か意味がある・・・・と考えてしまう。

意味などない。

創発はある一定の何かの自然ルールが
組み合わさることによって
人の知覚にぴったり一致するということがあり得る
ということを指す。

実際にそうやって分子が組成され
生物が組成されている現実もあるから
特殊パターンによって
現実に変化が起こることはあるけども

それ自体もただの創発の一部でしかない
という見方もできる。
人間も、たんなるパターン現象でしかない
と考えることもできる。

つまり、何が言いたいかというと
自分で自分の人生を作るとき、
・・・我が世を組成するとき、

採用するものは創発によって作られているのであって
意味も大きなルールもない、ということがある
と知っておくこと。

知っておくと、採用しなくていいものが増える。

もうひとつは
小さなルールの組み合わせによって創発を生み出すこと。

小さなルールの組み合わせによっては
大きなルールに見えるひとつの形ができることがある。

自分に、自分の人生に必要なことを
ひとつひとつ自分ルールによって作る。
その順番や組み合わせを変えてみる。

ひとつひとつにはそれ以上の意味はないが
(Aが黒くなったらBが白くなる、だけ)
組み合わせと順番によっては
人間にとって、自分にとって
意味があるモノが生まれることがある。

仕事において
プライベートにおいて
恋愛において
生活において
創発を意識的に採用する。

何が生まれるかはその時点では全然わからない。
何も生まれない可能性も十分にある。

それぞれの分野で、必要な自分ルールを作り、適用して
順番や組み合わせを試し
時間がたてばルールや組み合わせを変えて
偶然、創発によって意味付けが生まれるまで
自分の運びを試す。

我が世に、これを組み込んでいない人は
たとえ成功していても、幸せでも
確固たる世界があってもどこかつまらない人生に見える。
実際につまらなかったりする。

創発は可能性を伸ばす。
(7ポジで言うとBAからTOPを導く)

創発を自分のものにしたとき、
それまでとは明らかに人生の意味が変わる。
我が世に幅が出て、
生み出せなかったもの
なかったものが
目の前に出現するようになる。
出現させることができるようにもなる。(具現化)

コラムの転載、シェアは大歓迎です!

トップに戻るボタン