自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

結果を取るというとき(けっかをとるというとき)

取れるとわかっている、確実な物事に対してやる気を発揮する。結果が取れないものにやる気は出さない。結果とは関係ないものにも一切やる気を出さない。結果ではなく行動にもやる気は出さない。

前話: 危機百発というとき(ききひゃっぱつというとき)

次話: 結果を出し続けている人(けっかをだしつづけているひと)