自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

編集 なぜ視力が悪いのか04/04


こんにちは。

茨城の整体師、藤枝七美です。

$藤枝七美の宇宙人的ゆるゆる整体in水戸(茨城)
1/21(土)東京出張【東京】出張!ゆるゆる整体@祐天寺

前回は、バランスをとるためにせっかく視力を低下させたのに、レーシックでお手軽に視力回復させちゃうのってどうよ??という話をしましたね。

実は、コンタクトレンズについても同じようなことが言えるのです。

私の場合、快適に部活の練習(スポーツ)をしたいという理由で使い始めました。

が、コンタクトレンズを装着するとカラダは軽い緊張状態に入るんですね。(特にソフトレンズ)

現在は、カラダの状態を観察して今日コンタクト無理。

$藤枝七美の宇宙人的ゆるゆる整体in水戸(茨城)

という日は、極力 使わないようにしています。

逆に、大人数で集まるランチ会やイベント、講師をするときは、少しテンションを上げたいので、あえてコンタクトを使用したりします。(というか自然とそうなります。)

$藤枝七美の宇宙人的ゆるゆる整体in水戸(茨城)

ま、ようは使い方と自己観察が大事かなと。

また、コンタクトでも眼鏡でも、見えすぎるレンズを使うと筋肉がサボるので近視が進みます。

逆に、鍛えると視力は回復します。

特に、子どもの近視は鍛えれば回復しやすいようです。(弟がそうでした。)

0.1以上の方は、視力回復しやすいみたいですね。

私が集中してトレーニングしたときは既に0.05以下だったので、数値上での顕著な回復は見られなかったのですが、乱視はかなり改善されました。

その後サボッてしまったので、戻ってしまいましたが・・・

いちばん最初に目が悪いのはカラダにいいなんてブチかましましたが、カラダは単純にバランスをとっているだけ。

カラダの反応には善も悪もないのです

不便なことはあるけど・・・

当たり前のように眼鏡をかけて、使い捨てのコンタクトレンズが普及して、レーシックなんて技術が出てきたけれど、どーして目が悪くなったのかな?って考えたことがある人はどのくらいいるのかな~なぁんて思いながら、書かせていただきました。

カラダのことに興味をもっていただけたら嬉しいです

トップに戻るボタン