自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

緩やかに自分を殺す毒薬(ゆるやかにじぶんをころすどくやく)

生み出す力が飛躍することはない。そして強みを使えており、継続できるので失敗しない。発想を斬新にすることはできても、何度か大きな評価を得ることができたとしても、それは生きず死なずの世界になる。その世界で生きる方が幸せか、死ぬ方が幸せか。

前話: 強みとルーティンワーク(つよみとるーてぃんわーく)

次話: 正当化の材料(せいとうかのざいりょう)