自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

考えを使うことの次にすること(かんがえをつかうことのつぎにすること)

行動で成果を取ることができるものの中で自分で行動しなくても成果に結びつくように変換する。または個別対応の行動をルーティン的な行動に変換する。この2つの変換を取り入れる。

前話: 考えを使う(かんがえをつかう)

次話: 変換を高度にしていく(へんかんをこうどにしていく)