自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

背伸びのルール(せのびのるーる)


たとえ心が動揺していても、自分の尊厳を人が踏みにじることはできないということを思い出すことです。問題に意識を向け、機会に意識を向けない人。機会に背伸びでいいからできることをやらない人が@4。つまらないことに時間を使うために背伸びしたのではないなら、自分でしっかりと決断して、つまらない時間を取らないことです。