自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自分がそういう作り(じぶんがそういうつくり)

その作りをどのようにうまく運ぶかを考えるべきで、その作りの使い方を間違えた問題にいつまでも付き合っている場合ではない。そしてその自分をどの場所で、どのように働かせるかを考えるのは、最後まで自分の責任。

前話: 人がどのような作りになっているのか(ひとがどのようなつくりになっているのか)

次話: 資質の勘違いを正しておく(ししつのかんちがいをただしておく)