自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自分が生み出す遅れを支配するようになる(じぶんがうみだすおくれをしはいするようになる)

物事の不整合がどんどんなくなっていきます。何がどのくらい遅れるのかを把握しているのだから、物事の作りがどのようになるかわかるからです。ある意味未来を作り出す力を適切に身につけているということでもあります。

前話: もうひとつ効果的なこと(もうひとつこうかてきなこと)

次話: 不確定要素が大きい未来(ふかくていようそがおおきいみらい)