自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自分が知っている自分(じぶんがしっているじぶん)

必ず本来の自分よりもスケールが小さくなります。自分でなかなか知ることができない自分があると言うこともあるし、自分で自分のことを知ろうとしたことがないという習慣的な理由もあります。

前話: 過小評価(かしょうひょうか)

次話: 自分でなかなか知ることができない自分があるということ(じぶんでなかなかしることができないじぶんがあるということ)