自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自分でしない、ということ


こちらは2009年7月2日に掲載されたコラムです。

僕はともかく自分でしないということに関して、貪欲です。

貪る感じではないのだけど、それが当たり前というか、何も考えず自分でしないというか。

根っからの経営者気質というのもあるし、個人の特性というのもあります。

ただ、はっきりと分かっていることは

自分でしない方が成果が上がるという場合、
自分ではしない方がいいということです。

経営や特性を持ち出すまでもなく、ほぼどのような状況でも当てはまります。

多くの人は、自分でしないことの良さを本気で考えたことがありません。

そんなことはやってはいけないことで、
だらしない人間が考えることだと反射的に思ってしまいます。

僕は今月のスケジュール管理@東京を事務管理側に完全委譲してみました。

まだ観察中なので、適当な答えは出せないけども、

少なくとも僕が自分で行うよりも、
はるかに多くのお客さんが申し込んでくれているという・・・・事実

本気で「自分でやらないこと」を考えてみる。

本気で「自分でやらない方法」を世間から見つけ出してみる。

そして委託なり移譲なりしてみる。

それだけで物事がうまく回りはじめ、今までとは違った世界が出現することがあります。

トップに戻るボタン