自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自分で自分に取り組むときの一番大きな弊害(じぶんでじぶんにとりくむときのいちばんおおきなへいがい)

自分を取り巻く他力や周辺の力を自分の力としてゼッタイに認識しなくなることにある。

前話: 自分で自分をうまく運ぼうとするほとんどの人(じぶんでじぶんをうまくはこぼうとするほとんどのひと)

次話: 我が世を自分で作る、という意識(わがよをじぶんでつくる、といういしき)