自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自分の人生を作ること(じぶんのじんせいをつくること)

内と外を区別する。混同しない。両方の事実と現実を自分でつかむ。ここまでが基礎。その上にあるのが、内側の充実、確信へのアプローチ。外側の可能性、知覚広げ。自分に備わっている自分を超えるための算段を立て、動き始めること。

前話: 内面の改善を図っても物事が良くならない(ないめんのかいぜんをはかってもものごとがよくならない)

次話: 自分を殺して、自分以外の何かを優先している。(じぶんをころして、じぶんいがいのなにかをゆうせんしている。)