自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自分の感情を自分の道具として上手く使える(じぶんのかんじょうをじぶんのどうぐとしてうまくつかえる)

自分が感情に支配されず、感情とやっていくことができる、ということ。

前話: 人の感情に過剰共感する場合(ひとのかんじょうにかじょうきょうかんするばあい)

次話: 自由という発想(じゆうというはっそう)