自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自分の振れ幅を慎重なところからはじめる(じぶんのふれはばをしんちょうなところからはじめる)

失敗するのを避けできる範囲で、できるように頑張る。そして何も変わらない。触れ幅の最大の向こう側とこちら側をやることで、その間を調整すればうまくいく。

前話: 新しいことにトライする(あたらしいことにとらいする)

次話: 自分自身を知る努力をしている人(じぶんじしんをしるどりょくをしているひと)