自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自分自身を生かすことを阻害する制約条件(じぶんじしんをいかすことをそがいするせいやくじょうけん)

許しの資質に優れている人は許しをもって人に接する習慣が身に付く。許しは受け入れる系の愛を必要として、だから愛を発揮するので、それが習慣になることでその愛の具現化が定着して、自分でも気がつかないうちに「そうしなければならない」という状態になる。だからその習慣が自分自身を生かすことを阻害する制約条件になる。

前話: 許し(ゆるし)

次話: 自分自身が失われる(じぶんじしんがうしなわれる)