自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自己プロ用写真のヒケツポイント

内容ではなくイメージ写真なんだがね。
これ

{98009E79-DB43-4A56-B388-C96F513D76E7:01}

この写真。
オレ、昔。
自分の彼女にブログをいちから作らせて
オレのブログでは1ミリも紹介せずにアクセスアップを狙ったことがあったのだけど
10日で3000PVぐらいまで伸ばせました。

の、ときの
いろいろと仕掛けはしたけど
プロフィール写真にこの写真を使った。
あ、素材ね。これ。

「プロフィール」と「写真」を考えるときに
大事な要素がこの写真にはたっぷり詰まっていて
(自己プロコース受講中の方は必須)

まずパッと見たときに目立つ
なぜなら傘のカラフルの色を見てほしいのだが
こういう配色で自分の背景が彩られている人
なかなかいない。ので目がいく。
しかも傘とわかったときに「人と違う」と思える。

顔出ししないがステキ女子とわかる
顔を出さない事情があることがすぐにわかる。
しかしどうもキレイ女子っぽい。本人?と思える。
しかも顔が出ていないので年齢不詳だから
「自分と同じ年齢かも?」と思える。

色の配色が好印象
露骨にピンクを使っていないが
女子的な色をうまく表現していて
敵を作らない配色になってます。

プロフ写真は特に新規の人に対して効力を発揮するので
最初にどのような印象を与えるかを考えて採用したい。

オレ、昔採用していたプロフ写真に替えてみたけど
これなんかもなかなか優れた写真で。

オープンカーに乗って背景が緑。

オープンカーに乗れるぐらいは儲かっている
背景が緑・・・バカンス?イメージを喚起
(天気、明るさの影響で)爽やか?

というイメージ喚起ができてます。

今日はブログ系の記事が続くな。

前話: サービスマンからビジネスマンに転換したとき

次話: パッケージを変える(と、売れる)

トップに戻るボタン