自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

自然に自己中心的に振る舞う(しぜんにじこちゅうしんてきにふるまう)

脳でいうともっと内側の原初的な脳を活発に使うことです。なので空や花がキレイだとか、お腹がすいたら食べる。お金や承認の不安は持たない。ただ自然、ありのままに生きていく・・・・という感じです。

前話: 摂理系の人がベースとしてやっていくための基本的な行動(せつりけいのひとがべーすとしてやっていくためのきほんてきなこうどう)

次話: 能動的に振る舞うのではなく受動的に振る舞います(のうどうてきにふるまうのではなくじゅどうてきにふるまいます)