自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

色眼鏡を取るには(いろめがねをとるには)

違う世界が実際にあるということを知ることです。視点の角度が数多く身についてくると、視点そのものは重要ではなくなり本質がわかるようになります。つまり、色眼鏡コレクションを装着することに飽きてしまい、眼鏡を外して世界を見るようになるということです。

前話: 色眼鏡のカラー(いろめがねのからー)

次話: 色眼鏡が世界を狭くするもっとも大きなもの(いろめがねがせかいをせまくするもっともおおきなもの)