自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

行く人、来る人


こちらは2009年2月26日に掲載されたコラムです。

「行く年、来る年」みたいなタイトルになってしまった。。。

人のタイプには能動的でうまく行く人と、
受動的でうまく行く人がいます

その人の中でも能動の方がうまく行く場合と、
受け身の方がうまく行く場合があります。

何でもかんでも、行動的であることを良しとするような
「動けばいい」という考え方は無理があります。

つい、何かを得るため(あるいは何かを避けるため)に行動してしまいがちですが、

何もしないとうまくいくという人、場面、があります。

辻仁成さんの小説「サヨナライツカ」で、

人は死ぬときに愛したことを思い出す人と、愛されたことを思い出す人がいる

というフレーズがあります。(細部はちょっと間違っているかも)

愛したから正しい、愛されたからちゃんと生きなかったということにはなりません。

自分は愛され受け身がうまく行くタイプなのか、

愛する行動がうまく行くタイプなのか

本当に意味で良く見つめることです。

※余談ですが、
どちらか一方で「ありたい」という欲求は自分を見つめる目を曇らせます

トップに戻るボタン