自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

表面上の評価の作り方(ひょうめんじょうのひょうかのつくりかた)

速さを優位にする。目立つものからうまく並べる。広がりを意識する、知ってもらえればそれで良い。人の目線、それも安直な判断が必要なのでプロモーションを重視する。駆け出し、スタートダッシュ、ゼロからスタートするときは表面上の評価作りに力を入れる。知らない人を相手にするときも同じ。

前話: 物事を進めるのに大切なこと(ものごとをすすめるのにたいせつなこと)

次話: 真の評価の作り方(しんのひょうかのつくりかた)