自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

複雑なものを複雑なまま考える


こちらは2008年11月17日に掲載されたコラムです。

一人踊るセミナー・ジャンルの一言編です。
コンサルティングなどでよく見かけることを話題にしています


一言編、久しぶりに書いてみます。

シンプルに考えることの大切さを伝える人はいます。

実際に実行する人もいます。

理論もあります。

うまくも行きます。

シンプルなものをシンプルに考えてうまく行く人はいます。

シンプルなものを複雑に考えて難しくする人もいます。

しかし、

複雑なものを複雑なありのまま考える人はあまりいません。

複雑なものをありのまま、

複雑に考えることでしか見えない世界というものがあります。

やったことがないので難しく感じるだけです。

やってみて、これまで見えなかった世界が見えたときの喜びに比べれば、

やったことのない難しさなんてちょろいものです。


トップに戻るボタン