自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

言葉を多用する(ことばをたようする)

背景には必ず特定の心理状態があります。「信じている」「信じている」「信じている」「信じている」「信じている」「信じている」と、何度も連発するのは信じていないと言っているようなものだし、私の基準をお前守れよ!と間接的に押し付けているようなものです。

前話: 自分が基準(じぶんがきじゅん)

次話: 自己愛中心、優先の、それに一致するものに対する「信じる」(じこあいちゅうしん、ゆうせんの、それにいっちするものにたいする「しんじる」)