自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

質問をせず愚直に守る


そもそも聞く相手を間違っていることが多い。
その場合は全部台無しになる。
相手を見分ける目はほしい。

アドバイスを求めたり、何かのワークをやってもらう場合に一番大切な基準は
この人でミスが生まれるなら他の誰かではもうどうしようもない

という見方でなければならない。

つまり自分の全部を委ねることができなければならない。

自分の判断や、最終的に自分で決めるという姿勢は必要だと思う。
だが、誰かに聞きにいきながら自分の判断と決断を優先するなら
最初から聞きにいかなくて良かったということであり

聞きにいくということは、覚悟と共に全てを受け入れるということだ。

特に、相手を信頼しているのであれば
その信頼している人のアドバイスには質問しない。

疑問を解消しようとせず
「こういう場合もいいんですか」とか言わない。

ただ言われたまま愚直にそのままその通りにやる。

質問していいのは言っている意味が分からないときだけだ。

質問をするということは
相手が言っていることを相手が言っているままに
理解し受け入れること
時間を使わず

おっと~疑問ふつふつ湧いてきちゃったけど
これどゆこと?どゆこと?
に時間を使っているということだ。

つまり、聞いていない。

元のハナシはどこへ行ってん?である。

今までの自分を思い返してどうなっているか探ったり
相手のいっている理論の筋道を探ったりするのは

つまり、

相手の言っていることをすぐに受け入れて
次、では、どうできるだろう?

考えていないということになる。

ところが本人はこれまで以上にやっている気になっている。
脳内変換も起こる。

そういうことをするなら最初から聞かない方がいい。

トップに戻るボタン