自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

軸がブレるというのはやめておいた方がいい(じくがぶれるというのはやめておいたほうがいい)

どっちでもいい化すればまず気が楽。真の問題がそこにあるなら、いずれやればいいだけ。ないなら気楽に普段通りにやればいいだけ。自分に問題があるんじゃないか?とか、人を傷つけたんじゃないか?とか、他人からどう思われるんだろう?とか、考えてもムダね。

前話: 自分の責任を背負う生き方をするんじゃない(じぶんのせきにんをせおういきかたをするんじゃない)

次話: ケースバイケースで、自分などみなくて良し!(けーすばいけーすで、じぶんなどみなくてよし!)