自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

近い距離にいる必要な人に多くの時間を割く(ちかいきょりにいるひつようなひとにおおくのじかんをさく)

近い距離にいる必要な人により多くの時間を割くように生活を変える。でなければより上手くいかない人に、上手くいかせようとして時間を割くことになり、結果大事な人は大事にされないので去ろうとする。

前話: 人生に必要であっても考えること(じんせいにひつようであってもかんがえること)

次話: 不幸の原因を根元から切る。(ふこうのげんいんをねもとからきる)