自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

遅れ(おくれ)

不必要な労力と心配を必ず生み出し、例えそれがシステムとして解決できるようになっていたとしても、コストを生み出し生産が遠くなる、というような特徴を持っている。

前話: 成果に焦点を当てる(せいかにしょうてんをあてる)

次話: 遅れに対する苛立ち(おくれにたいするいらだち)