自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

遅れ(おくれ)

物事には必ず「遅れ」がある。「遅れ」が問題になったり、感情的に苛立ちを覚えるのは、予想以上に遅れるか、先が見えないぐらい遅れるか、その遅れの実態をつかむことができないとき。

前話: 強みを確率で考える(つよみをかくりつでかんがえる)

次話: 「遅れ」を知る(おくれをしる)