自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

遅れの具合、度合い、誤差を自分で把握できるようになる(おくれのぐあい、どあい、ごさをじぶんではあくできるようになる)

自分が何をどのくらいで生み出すことができるのか、できないのか?ということがわかるようになります。事実としてどのくらいの遅れを持ってことに挑む自分なのか?ということがわかってきます。

前話: 自分をうまく運ぶための強力な武器(じぶんをうまくはこぶためのきょうりょくなぶき)

次話: 遅れを支配することができているということ(おくれをしはいすることができているということ)