自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

遅れを知って、何かに取り組むということ(おくれをしって、なにかにとりくむということ)

それがどのような形で成立するかを知っているということです。自分が何をどのように、どんな形を生み出すことができるのか?遅れを含めて何がどうなるのか?ということを把握しているということです。

前話: ビジョン(びじょん)

次話: ビジョンを構築する力(びじょんをこうちくするちから)