自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

過去【裏マガ】~あと大事なのはこれ


月2回ペースで過去裏マガをブログで公開します。

今回は2013年05月02日の裏マガから。
「あと大事なのはこれ」をどうぞ。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・‥‥‥………
◆ あと大事なのはこれ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・‥‥‥………

プライベートラブ話題編です。

ブログにもFBにもアップしない!

婚活している人必読!

工口の話になりますがね。

フェチとSMのハナシ。

まずフェチ。

子供の頃にさかのぼって

自分が異性を見るときに何フェチだったか?

を思い出して・・・

思い出しまくりの、記憶絞り出しまくりの、

してみてください。

オレってマンガオタクだったわけだけど

あ、現在進行形か・・・

小学生の頃ジャンプに連載していた

ウイングマンby桂正和さん、に出てきた

美紅ちゃんという登場人物の立ち姿・・・

・・・・の、お尻キュが、

とゆうか、

ラインの美しさが性的興奮の目覚めだったかも?

同じことは

中学生の時に読んだ聖闘士星矢の

シャイナさんのボディラインにも言えたな。

腰からお尻にかけてのラインの美しさ。

なんかハナシは逸れるけど

ラインの美しさという意味では

ブランドのレディースラインの服にフェチがあるのも

もしかしたらそこらへんから来ているのかもしれない。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

人によって何がどのように工口いかは変わると思うし、

(あ、それがフェチ部分ね、オレは腰からお尻のライン。

んでもって脚)

工口さの強度の違いもあると思うんだな。

フェチは自分が持っている絶対基準。

いいも悪いもなく、

もうこれあるからしょうがない。

異性を選ぶ時の限定的な条件になるけども

個人的意見としては

ここを外さずに限定して選んだ方がいいと思う。

工口さの強度は相性の問題で

ディープと淡白がくっつくと

上手くいきにくいかもしれない。

お互いが相手を想い合って、

性的な勉強もそこそこしていくのならいいかもしれないけど

どうも

普段からハナシを聞いていると

そうではない夫婦関係は多そうです。。

ま、そんなわけでフェチを基準にすること。

特に婚活女子!!

心と心が・・・とか、性格が合う・・・とか、

  目に見えず、よくわからない

モノを重視してどうする!

まずは【見てわかる】ものから。

それも情報に流されて決めるんじゃなく、

中学生みたいに顔がいいからとかじゃなく

自分の

自分による

自分のための

  フェェェチ!!

から選ぶ。

だって、そこにピンと来ること自体が

そもそも自分が持っているものだということの証明でしょ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

オレの場合は腰~お尻のラインと脚だけど、

もっと細かくも言える。

これ大事。

同じキレイでも、

いい腰のライン、脚のラインと

ちっとも響かないラインがある。

なんでもそうだけど・・・仕事でも人間関係でも

響くところを探るのは自分の責任ね。

この腰がいい、この脚がいいとかしたら

いかにも女性を差別しているみたいだけど

ま、それがもし差別してるとしても

オレは自分の幸せの方がよっぽど大事なので

めっさ真剣に

フェチポイントを探して探して探しまくります。

コンサルティング習得講座やってると

もっそいマニアックに追求していくんだけども

同じように、

腰や脚は長年に渡って研究し尽くしており、

モデルも工口サイトも街中でも、人類学的なことも

調べに調べまくって

見てみて見まくって

腰と脚を正当化・・・・違った、

フェチモデル追求型でやってきました。

ある意味このフェチ分野においてはヲタク的専門家!

と言っても過言ではあるまい!!

コンサルティング習得講座に入れたいわ!!

てなぐらい

美しいもの、かつフェチ分野に精通しておる。。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

んなワケで

他にも外的なもの、内的なものがあると思うけども

今回もカノジョを選んだ条件のひとつがそのポイント。

あ、フェチというのは工口に直結しているフェチね。

工口、大事ですから。

特に婚活をするということは一緒にやっていくということでしょ。

一緒にやっていけるかどうか、

シアワセであれるかどうかは

一緒になってみないとわからないことも多いけど、

動物的本能をムシして

人間的生活のみ上手くやるのは無理じゃないかなぁ、と。

だから過去のフェチを思い出したら

その上で、

「したい」「超したい」と思える相手を選ぶのが

相手選びで決めきれていない女子の

選び方の大きなヒントになるのではないかな?と思うのです。

トップに戻るボタン