自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

過去【裏マガ】~今回はエ○について書く!


月2回ペースで過去裏マガをブログで公開します。

今回は2012年12月16日の裏マガから。
「今回はエ○について書く!」をどうぞ。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・‥‥‥………
◆ 今回はエ○について書く!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・‥‥‥………

今回は について。書きます。
前回の「抱きしめる」の延長線にあること。

「抱きしめる」のメルマガでもちょっと書いたけど
愛の原形は一合回帰。
簡単に言えばひとつになること。

ひとつになる、という行為には
体、心、魂の3つが(簡単に言って)ある。

本当は愛は全一致を求めるのが原形なんだけど
物理的制約や心理的抵抗によって
人間はゼッタイに完全一致することができない。

許しや、見守りが愛の行為のひとつとして出てきたのは
この現実に沿って、
それでも諦めずにできる方法としてのオプション。
そっからはじめるのは全然愛なんかじゃありません。

そっからはじめるのは諦めベースに
愛を正当化の材料として使っているだけ。

て、今回はそんなこと書きたいんじゃなかった。。。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

エ○についてはかなりブログでも書いているので、
こちらでもチェックどうぞ。
(エ○だけじゃないけど、記事拾って)

  【過去企画】ラブがたり
  http://ameblo.jp/ym11/theme-10018384319.html

先日のビジネスコースで、
久々に、エ○を扱って活動して行く人がいました。
(商品になったら紹介します)

ただ、エ○は多くの人が興味はあるけども
おおっぴらには買いにくい商品で、
それは脂肪吸引とかカツラとかと同じ商品特性かな。

口コミなんかゼッタイに発生しない分野です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ただのエ○いハナシはブログで結構書いたと思うので
ここは愛ベースの関係について。

異性を選ぶとか、子供を産むとか、
ちまたにある情報ってのはどうも
【成果を高めるためにそうなっている】という路線が強い。

強い遺伝子を残すために、自分の子孫を有利にするために
相手を選ぶ。動物的な行為。

まぁ、
そういうのももちろん証明されているようにあるんだけど
それだけで物事が決まるわけがない。

【ただ、今幸せであるために結びつく】動機によって
人と人は結びつく、という視点が
まるっと欠落してるんだよな。

上に書いたのが成功の考え方。未来ベース。
下に書いたのが幸せの考え方。現在ベース。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

体が結びついたら、幸せくない?
ただ気持ちいいだけじゃなくて。

一緒にエ○を楽しめる、喜び合えるというのもあると思うけど
楽しみや喜びではなく
ひとつになっていることの幸せってあるでしょ?

だから本当はたぶん、
相手は一人ではなく、抱きしめるみたいに
もっとより多くの人とつながり合ってもいいのだと思う。

でも、快楽に流されたり、
男性優位の歴史があったり、
社会のメカニズムとしてそうはなっていなかったり、
リスクを考えるとそうならなかったり、

などなどの理由でそれは、まぁオレも勧めない。

現実をみると、ね。

愛し合っている人とセッ○スすればいいし、
しまくればいいと思う。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ただ、どんな結びつきもそれが当たり前になってくる。
マンネリ化して、常態になる。

人間のメカニズムとして、

  当たり前のものには感謝しなくなる

という特徴がある。
「だから感謝しろ!」とかナンセンス。

誰でもそうなるという、
現実をみてどうするのか?と考えた方がいい。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ひとつ、ルーティンにするという方法もある。
毎日晩ご飯を食べるように、毎日夜結びつく。

それでも飽きが来るので
少しずつ工夫を取り入れて行く。
性のリテラシーを高めて、方法論を知るようにする。
 とか新しいものにトライしてみる。

ま、そういうのもありかな。

でも本当は、たとえば
大事なハナシをするときとか、
心から思いやりを持つ場面とか
そういうときに【ひとつになりながら話す】。

一緒にお風呂に入って話をすると
結構いい話ができる、というのをよく聞く。
し、その通りだと思う。
体がいつもよりも一致に近い状態にあるから。

その距離をさらに縮める。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

成功系の が楽しみ喜ぶことだとしたら
(原初的欲求によって子孫を残す行為)

幸せ系の はとにかく結びつくことの喜びを味わうこと。
(今が幸せであるためのひとつになる行為)

だからテクニック的なものは全然必要なくて、
ただ日常の生活での行為を
結びつきながら行う、というだけ。

同じボーッとするなら
ひとつになって、抱きしめ合ってひなたぼっこをする、とか。
自然の中で空気を満喫するなら、
(誰もいないなら)ひとつになって満喫するとか。

そういうひとつのなり方も、
人としての愛をやってみるならあっていいと思うんだよ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

愛が大事だとか、愛を崇高にしているとか
愛の実践を求めている多くの人が、

感動的で、大きな行為に出て、
あるいは心の底から相手を想っている(だけ)
みたいなことをやっている。

それも大事だとは思う。
思うけど、
愛の持続のために、もっとコツコツと毎日愛を実践して
その積み重ねの喜びとか、
その小さな瞬間のひとつになっている幸せとか

そういうひとつひとつを大事にしている人を
なかなか見たこと、聞いたことがない。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

セッ○ス=エ○とか
テクニックを磨くとか、
性 感 帯を知るとか、
そういうのももちろんいいんだけど、
(というか、ものすごく大切だけど)

誰でも抱きしめられる権利があるように

誰でも愛している人と、毎日こつこつ結びついて
幸せに溢れ、小さな喜びを感じ続けてやっていく
そういう愛し合い方を大事にする試みだって
あって然るべきなんじゃないかな、

とそう思う。

ただ、何でもないときに結びつく。
ただ、結びつきの幸せを感じる。
それって人間にしかできないことで、特権。

お互い、相手とそうやっていくのには
毎日コツコツ幸せを積み上げて行く、
小さな努力が必要なんじゃないかな、と思う。

トップに戻るボタン