自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

過去【裏マガ】~大事な物を問い直す


月2回ペースで過去裏マガをブログで公開します。

今回は2013年01月08日の裏マガから。
「大事な物を問い直す」をどうぞ。

◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・‥‥‥………
◆ 大事な物を問い直す
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・‥‥‥………

自分で選んでいるつもりじゃないですか?

もう10年以上前になると思うけども
読んだ本にひとつの例話が書かれてました。

16歳のアメリカ人の少女が

  自分で決断して

耳にピアスを空けるという話。

「周囲に流された」のではなく
「みんながやっているから」ではなく
「よくよく考えて」自分で決め
「自らの意思で」ピアスを空けることを決めた。

て、
本当かね?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ま、こういうのは社会心理学などの学問とか
よく調べてみれば古典にも話題に事欠かない話なんだけど

結論は
自分で決めたとも言え、
自分で決めていないともいえる。

僕らは情報に左右される性質があるけども、
それよりももっと根底にあるのは

  【作られた幻想を価値の基準にしている】

ということ。

16歳のピアスの話なら

  自分らしく生きたい。しかしここには閉塞感しかない。
  本当の自分を生かしたい。
  そしてその中にカッコ自分というのもあるんだ!
  自分はカッコよくなるのだ

という作られた幻想が根底にある。

「だから」
ピアスの情報やロックの情報に飛びつく。
「なぜなら」
自分と同じような立場の人がそれを良しとしているから。

  これは素晴らしいに違いない。

そしてその素晴らしい物を自分の価値(という幻想)に合わせて
自分で決め、選ぶ・・・・・?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

同じことが
このメルマガを読んでいる人にも起こっているんだな。

お金ほしい?お金はたくさんあった方がいい。
自分の力でもっとお金を稼げた方がいい。

愛のある家庭を築いた方がいい。
問題のぶつけ合いではなく、尊重と幸せの関係を作ろう。

本来の自分を生かした方がいい。自分を知ろう。
自分がどのような人間で何ができるかをやろう。

  こういうのが全て
  作られた幻想を自分の価値基準だと思い込んでいること。

だから、ここに外れた人を見たり聞いたりしたら

「それではいかん」
「可哀想」
「腹が立つ」
「自分をないがしろにしている」

と、

  【決めつける】

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

たとえば男性ビジネスの世界は、
大きくする方がエラいという目に見えない基準がある。

スピリチュアルの世界では、エネルギーや波動
次元の違いによる理解とスキルの促進があったりする。

愛の世界ではマザーテレサのような愛がお手本にされ
許し合い慈しみ合うことが素晴らしいとされている。

  これ、全部幻想ですからね?

ピアスという情報がなければ
その作られた幻想に照らし合わせて採用されなかったのと同じで

作られた幻想の価値基準にとって
【都合がとてもとても良いから】
その方法が採用されているだけ。

大きくすることはエラくないし、
エネルギーワークは波動を扱っておらず、
次元などカスほども影響しておらず
愛のせいで「苦しみ続けている」人が
世界中に多すぎるほどいるもんだよ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

「何が幸せかは決められない。人によって違う」
とか言いながら、
そこから外れたら不幸呼ばわりする人は多い。

「どのくらい稼いだかで成功は決まらない」
と言いながら、
金額の少ない人を蔑む人も多い。

みんな採用しているのは
価値でも個性でもなく【雛形】。

幸せは豊かな心と、平和で安定した毎日
幸せで思いやり合える家族に恵まれ
健康で貧しくもなく、笑い合える今日を過ごすことができる・・・

みたいな?
みたいな?

みたいな??

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

その幸福感だって、本当に幸福なのかね?
答え→NO

それは「こういう雛形が幸福です」に沿った

  あ~良かった。自分はヨユーで合格だぜ!

的安心感であって、
幸福ではありません。

安心感と幸福を混同しているだけ。

安心感(幸福感)は雛形によってもたらされるけども
その間違い・・・自分の幸福ではないという致命的錯覚
に気がつく人はほとんどいない。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

だから「捨てる」ことを本気で考えると
(それは物でもいいんだけど)
本当に捨ててはならない物はごく少数で

あとの大半は思いきって捨てても
そのあと何の悪影響も出ない・・・ということがよくある。

大事じゃないものを大事だと思い込んでいる。

成功とか、金とか、愛とか、幸せになると
事はもっと複雑になる。

もーこれ、社会的雛形に首の上までどっぷりやられてるから
たとえば過去ブログに

  10歳の子でも本気で愛したなら抱いていい

と書いたら
もっすごいヒステリックなコメントもらったり?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

ジョージ・クルーニーという俳優がいますよね?

女にモテモテ。
女に優しい。思いやりがある。
が、決して結婚を切り出さない。

女の方から結婚の話が出た途端に別れる。
絶対に復縁しない。
・・・らしい。

これって不幸ですかね?

強度の強いブロックがあって
自分で自分の首を絞めるパターンがあって
感情的にも実際的にも苦しんでいて

  そんな自分を脱却した方が幸せなのか?

誰がYESっていえる??

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

それが彼にとっては本当の幸せかもしれない。
またはそれが彼にとってものすごい不幸かもしれない。

が、
そんなの雛形では判断できっこない。

「幸せ」だから閉塞感を感じる。退屈になる。
「成功している」からフラストレーションがたまる。
「みんなに信頼されている」から自分がない。
「仲間がいる」からうまく行かない。
「金がある」から不幸になり、
「頭が良い」からイヤな人間になる。
「愛されて育った」から性格がネジ曲がる。

ということが、実際にある。

  実際にあるのになんで目を向けない?

雛形が正しいという【偏った考え方】になんで寄りすがるんだ?

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

成功も金も、幸せも愛も、
それぞれ全部オリジナル。
雛形は一定基準。あってもいい。
でもそれはただのちょっとした基準で、
平均値ですらない。

年初。この最初に、

自分が信じる幸せ、
自分が信じる愛、
自分が信じる成功、
自分が信じる「とても価値があり大切にしていること」を
問い直すといいと思う。

  大概の事がどうでもよかった

ということに気がつくはずだ。
だって、これまで漫然と
【雛形を採用する生き方】をしてきているのだから。

はっきり言って、
アナタは幸せじゃありません。
本当のところ愛もありません。

「そこそこ良い」とは言えます。
ある程度雛形に沿って
苦難があまりない道のりを歩いているから。

雛形を捨てて、
自己価値を問い直し
その基準で今年はやって行ったらどうかなと思うのだよ。

トップに戻るボタン