自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

適したやり方(てきしたやりかた)

意図を実行に移すときは、成果に向かってどのくらい、どっちの方向に進んでいるのか測定しながら進めることです。うまく行きそうなら、修正を加えて着実に進める。勧めたらまた測定する。うまくいきそうにないなら、そのやり方は捨てて別のプランを組むことです。大事なのは、新しいことは失敗する確率が高いということを覚えておくことです。

前話: 意図実行委員会(いとじっこういいんかい)

次話: 転機がいつなのか?(てんきがいつなのか?)