自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

都合が悪いことが起こらないようにする人(つごうがわるいことがおこらないようにするひと)

都合が悪いことが起こらないように、内省したり、行動に変化をつけたり、コミュニケーションを変えたり、自分ができることを、できるように精一杯やろうとする。そして都合の悪いことはほぼ必ず起こる。それまでの努力がムダになるが、その物事に向き合うことを既に知っているので、さらに取り組もうとする。

前話: 論理体系(ろんりたいけい)

次話: 都合が悪いことを見たくない人(つごうがわるいことをみたくないひと)