自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

野口さんの人生がある(のぐちさんのじんせいがある)

その人にはその人の人生があって、生きていくこと自体は遠くから応援するし、もちろん否定はしない。そんなことを書くと何様的上から目線なんだけども、僕にとってはそんなことすらどうでもよくて、死人には死人の、野口さんには野口さんのそれぞれの人生がちゃんとあるということです。

前話: 野口さんは野口さん(のぐちさんはのぐちさん)

次話: 心が死んでいるのが悪人(ぶらっくふぇいすよりもこころがしんでいるのがあくにん)