自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

駆け出しの頃にやる自己プロと、熟練してからは・・・


通常、ブログを2つ展開することは
ビジネス上もプロデュース上もあまり好ましくない。
好ましくない理由はいくつもあるが
話題がすり替わるのでまたいつか。

という事情を知りつつ最近、
【ブロック解除】 松原靖樹のコード・スピリチュアル
というブログを新しく作った。

今日ランキング3000位代に入ったけど、なかなか7000~4000のラインが崩せない。1500位ぐらいをコンスタンスに行き来できるブログにしたいが、反面手間をかけずに運営もしているのでそのあたりのジレンマはある。

この自分のブログでは、コラムが異常に難しい。
昔から難しかったわけではない。
シンプルを言い尽くして、どんどん難しくなり
今は先駆やイノベーションに関わる話題を書こうと意識している。

この話題は、概念をひとつ、ふたつ先のものを取り出して
感覚を理論にして出していく、ってもの。

このブログは過去これまでずっとそういうコンセプトがあったし
それでうまくやってこれたという現実がある。
そのコンセプトに沿って、
これまで出せていなかった先駆の分野に入っている。

が、スピコラムは違う。
さっき書いたこの記事がわかりやすい。
ヒーリングと癒しを濫用するな。

カンタンに言えば、
未熟者シネボケ!と書いている。

自分のブログではそういう二次や未熟者はもう相手にしない。
そこに使っている時間がない。そんなヒマはない。

スピブログではなぜマイナスを攻撃するのかというと
これも自己プロの基礎になるひとつの考え方だが
仮想敵を攻撃して、正当性を訴えるという手法
(もちろんそれが本当にそうであるという場合だが)
初期の頃に通用しやすい。

デビューするときに行う方法と、
人気が出てから行う方法は違う。

デビューはなるべくドギモを抜く方がいい。
「新人です。大人しいです」というのはウケが悪い。

インパクトの与え方は人によって異なるが
王様は裸だ!最初に言うことは
それ相応の支持層を取ることができる。

少なくともアメブロに流通しているスピのほとんどはインチキだし
だからこそ
売れる
自己プロ成立しやすい

と考えられるのでブログを独立した。
(それだけの理由ではない)

実際にプロデュースの成功不成功は、自分では決めれないので
今後の動きとそれを見ている裾野の同行を観察しなければならない。

その動きによって、またどうするか
あるいは無駄に終わるので止めるのか
が、決まっていく。

今はKICK ASS記事(キック!アホ・スピ・シネ)
書いていく時期だと思うし、
自分の視点とか見解ははっきりと打ち出していくときだと思う。

トップに戻るボタン