自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

1か月に1つとまずは決めて、1つだけ試します(1かげつに1つとまずはきめて1つだけためします)

1か月経ったら反応を観察して、活動のラインナップにするか、やめるか、保留にしてもう1か月観察するかを決めます。保留は2回までとして、3か月試して成果が出なければそのイノベーションは失敗だと判断し、やめます。

前話: 現在地経営は正しく力を入れる(げんざいちけいえいはただしくちからをいれる)

次話: イノベーションを現在地経営に組み込むスタイル(いのべーしょんをげんざいちけいえいにくみこむすたいる)