自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

4年内世界を受け身で作れるか 中期自己プロ前編


【中期自己プロ】
4年内世界を受け身で作れるか 中期自己プロ前編
受け身先行のプロデュース世界 中期自己プロ後編


自己プロデュースを考えるときに
どうしてもプロモーションが先行する人が多い。

スキルを駆使し、プロモーションを成功させ
事業なり活動を軌道に乗せるのは確かにそうかもしれない。
だがそれが、どんどんと二次的な活動となり自分を失う。

自己プロに必要な能動の行為だけではなく
受動の行為によっても同じことが起こる。

自分を自分でプロデュースする上で最も大事なことは
4年単位の中長期で物事を構築していく視点である。

4年での目標は設定しない。
前提は受け身で進める。
だが、プロモーション先行の、活動充実の受け身ではない。
自己プロデュースに必要な自分の軸を決してぶらさないと決める。

そして二次的プロモーション活動の人が先行することに
気を取られないこと、
意識を奪われないこと。

オレがアメブロの世界でブログを使って活動しはじめたとき
後発で同じように活動をし、ブログのセミナーをやり
ブログプロモーションをやり、スキルと技術で数を集めた人はいた。

本を出版し、この世界で儲け、知名度を高め
勢いと体育会系のノリで、あるいは戦略的な構築で
いち早くポジションを築き追い抜いたセンスのある人が数名いた。
彼らは今はいない。淘汰された。

自分の筋が通っていくルートを4年かけて作る。
無論筋がない人にこれはできない。(だからプロモーションに頼る)

受動は売れるもの、人気が出るものをまず扱う。
人から支持される態勢を築き、
支持してくれる数をとにかく増やす。
これはプロモーション活動であり、
二次の活動をする人とやることは変わらない。

ただし、能動は組み込まない。
スキルやテクニックで数を増やしたり見せ方を良くしない。

自分の軸に合わないことでも最初は扱う。

初期の目的は数を増やすことにある。支持されることにある。
そして数が増え、支持されるがどんな風に決まるか
全て受動で組み立てる。(だから進みが遅い)

活動に対して誰かから何かの提案があれば
基本的に全てYESで受け入れる。

そしてできていく形を受け入れる。
自分で最初から形を決めることをしない。
目標に向かうのではなく、決まる形を受け入れる。

その中から、自分の軸に反するものを省いていく。
一度受け入れなければ、本当に反するかどうかわからない。

反するものでもたとえば売上が大きく上がったり
認知が有利になったりするものは時間をかけて排除する。
この期間が最初に自己プロをスタートしてから4年を目安にする。

決まってくる形が定着したら
次はその裾野(マーケット)に対して
自分の軸を通して売れるものや提供できるものを形にする。

浸透させ、活動する。
ここではじめて能動を使う。既にある数と認知に対して軸を出す。

上手くいかないものは継続できないので止め、
上手くいくものを残す。
これを繰り返すことで、自分の活動が自分に沿ったものになる。
そして、
自分の活動が多くの人に訴求できるようになる。

この時点で最初の自己プロデュースが終わる。
ここに4年をかける。

これは待ちの戦略で、受動からスタートし
能動に移していく時間のかかる方法になる。

プロモーションや能動を先行させない。

受動で受け入れ、形を作り数を増やす。
そこに軸を組み込んで形を二次から一次に移す。

待っている間に、一次を基軸にして必要な二次を行う。

自分を活動面で支えてくれる人は
二次をサポートするのではなく
一次を理解し、仕事として成立させてくれる人でなければならない。

プロモーションでそういう人は現れない。
軸がない人をサポートはできない。
いつまでも二次活動する人をサポートしたくない。

そういう中間コア層は全て自分の軸がポイントになる。
そしてそういう人は二次的活動の中からピックアップする。

トップに戻るボタン