自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

ビジネス

何を踏み出すか、の前に【捨てる】こと

こちらは2009年1月12日に掲載されたコラムです。【捨てる】について書いてみようと思います。  多くの人は「目標設定」こそかなり意味があることだと感じていると思います。 僕は「目標設定」には意味がないと思っています。 正確には短期目標なら意味があるけど中期以降は意味がないと考えています。 なぜなら、 目標はこれま培った自分そのものと、外の環境のマッチングによって生まれる……続きを読む
3159文字 | 読了6分 | 投稿日2016年4月19日

人がやってくれるということ、人に任せるということ

こちらは2009年1月16日に掲載されたコラムです。注:がっつり文字記事~長文です 記事タイトルにした「人がやってくれる」「人に任せる」というのは、ここでは同じ意味で使っています。 8年ぐらい前まで、僕は全部自分でやる人でした。 人に任せるなんてとんでもない。自分が最も上手くでき、自分が責任を取るべきだと考えていました。 最初にやったビジネスで、マーケティングを助けてくれる……続きを読む
3481文字 | 読了7分 | 投稿日2016年4月20日

「外の世界が動き出す」ということ

こちらは2009年1月22日に掲載されたコラムです。 僕が自分で   「自分のやっていることはこんなことです」     「実際にこういう活動をしています」   「とてもこだわりがあります」 と言わなくても、僕のやっていることがうまく回りはじめています。 ■一番わかりやすいのが口コミ。 たとえば、昨日個別コンサルティングを受けてくださった方は、以前からブログを見てくれていたもの……続きを読む
3000文字 | 読了6分 | 投稿日2016年4月21日

イノベーションしたくなるお年頃(・・長文)

こちらは2009年2月9日に掲載されたコラムです。なんだかイノベーションしたい気持ちが湧き上がってきます。ここのところ。 イノベーションというのは乱暴にまとめると「新しいこと」です。 今「新しいこと」をやる気がふつふつと湧いてきています。 実際に 「集客できるブログ構築」コンサルティングサービスを形にしている真っ最中ですし、 新しい試みの可能性をプロデューサーの方に提案メールしています。 ……続きを読む
4894文字 | 読了10分 | 投稿日2016年4月25日

初デートを90%以上の確率で失敗させる「禁断の話題」

こちらは2009年2月18日に掲載されたコラムです。 アメーバニュースから抜粋。 この初デートで、絶対に話題にしてはいけないテーマ。それは、以下のどちらでしょうか? 1. 映画について2. 旅行について ということを精神科医のゆうきゆう先生は、自身のブログ「心理学ステーション」にて話題にしていました。上の問いのヒントは、男と女の感性の違い。もし、「話題にしてはいけ……続きを読む
1850文字 | 読了4分 | 投稿日2016年4月29日

キモチ悪いマニュアルの世界

こちらは2009年3月6日に掲載されたコラムです。松山でせぐっち  が、あるプリントを見せてくれました。 僕が定期メルマガとして、名刺交換した人やセミナーに参加した人に送っているニュースレターに書いた内容でした。   松 「へぇ、こんなん持ち歩いてんねんや」   せ 「そうですよぉ。滅茶苦茶いいじゃないですか」 と、言うので見せてもらう。 読んだら、なかなかいいこと書いているではないか。……続きを読む
2384文字 | 読了5分 | 投稿日2016年5月3日

使えるブログスキル ~質問と投げかけはしない方がいい

こちらは2009年3月15日に掲載されたコラムです。 ブログでよく、読者に対して投げかけ文や質問文を書いている人がいます。 たとえば「○○は、あなたにもきっとあるはずです」とか「~です。あなたはどう思いますか?」とか。 結論から書くと、それはしない方がいいということになります。 その理由を書きます。 理屈は少々複雑です。 「読まれるブログ」に共通した特徴は、 読者の読みたいこと、聞……続きを読む
2035文字 | 読了4分 | 投稿日2016年5月6日

時間がないとき、どんな記事を書くのか?

こちらは2009年3月22日に掲載されたコラムです。ブログの更新をリズムにしていても、 今の僕のように「出るまでにあと25分しかない」というとき。 どんな記事を書いたらいいのだろう。 やっつけ記事を書くと、反応が悪い上に、なぜかアクセスも下がります。 ひいては読まれないブログに・・・・なんてことも。 書く時間が短くても、内容がはっきりとわかっていれば問題ないですよね。 「何を書こう」「時間……続きを読む
1672文字 | 読了3分 | 投稿日2016年5月9日

お客の声に耳を傾ける ~定性の分析を重視する

こちらは2009年4月30日に掲載されたコラムです。注:長文です 定量分析というのは、数で示すことのできる分析。 たとえば「松原靖樹のセミナーを受けたことがありますか」に対してのYES・NOで集計できる結果のこと。 定性分析は数で示すことのできない分析です。 たとえば「セミナーで印象に残っていることを教えてください」など、人によって答えが変わるもの。 ヒアリングで最も重要なのは定性……続きを読む
3801文字 | 読了8分 | 投稿日2016年5月14日

成果測定からシステムを作る

こちらは2009年5月11日に掲載されたコラムです。起業家精神旺盛な人や行動的な経営者は「次何をするか」に目を奪われがちですが、真っ先に行うのはまず捨てる、やめることです。 体系的に捨てる行為が終わらないうちに、新しいことに手を出すと全てが中途半端になります。 進行上一部かぶる部分があるとしても、捨てることを優先します。 捨てる行為は時間がかかることがあります。 たとえば僕の場合、既存のセミナー……続きを読む
2038文字 | 読了4分 | 投稿日2016年5月16日

トップに戻るボタン