自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

本質的視点

ビックリーマーク効果。

たまにはこういう話題を。僕が一番最初にビジネスで人と一緒になったのはこちらからその業界に詳しい人を当たっていたときだけど2人目の人とはネット上で知り合いメールのやりとりをしていました。その人は書くのがあまり得意ではなく、文章もつたなかったのだけどほとんどの文字にビックリマーク「!」が使われていてそれがものすごい好印象を与えました。(これからビジネスを一緒に進めるか?という内容だったのもあり)これは……続きを読む
1193文字 | 読了2分 | 投稿日2013年6月28日

女子組織、男子組織

大雑把に言って女子には女子の、男子には男子の特徴があるように組織にも女子組織と男子組織の特徴がある。女子組織はただ集い、共感をベースにして関係性と感情の共有をすることが集まりの目的になっていることが多い。友達関係が組み込まれている。男子組織は成果と目的によってつながりそれを打ち出すための役割分担を目的として集まることが多い。仲間関係が組み込まれている。女子組織は男子組織をおもしろみがないと思い、男……続きを読む
2797文字 | 読了6分 | 投稿日2013年7月5日

偽善は気分です。

どうにもならないものをどうにかしようというのは偽善です。なので大事なポイントはどうにかなるのかどうにもならないのか事実、現実としてよく見て知っておくことです。その一番簡単なポイントは気分からそれを言って(やって)いるのか実際に組み立てられるから言って(やって)いるのかを見分けることです。組み立てられそうだ。できそうだ。というのは気分です。そういう場合、できないことが明らかになったり誰かにそれを指摘……続きを読む
442文字 | 読了1分 | 投稿日2013年7月7日

偽善は気分です。2

偽善は気分です。の続きです。実際に物事を組み立てられる。事実、現実的に自分にはそういう力がある。と判断でき、実際にできるのはいいことです。が。人の役に立っているとか誰かに貢献している自分!とか、自分の気分を満たすために「できるようにしてきた」ことによって挑むのもこれまた偽善です。そういう人は人から素晴らしいとか、尊敬するとかそんなできる自分になりたいとか承認的なこと、信頼的なことを言われます。人……続きを読む
691文字 | 読了1分 | 投稿日2013年7月7日

本当に真剣に取り組む。という・・・・

このコラムを待ち続け・・・「もう寝る!」という方が。。。やすき今帰ってきました。。。真剣に取り組む人がいます。美徳とされている。でも・・・9割ぐらいかな。ほとんどの人が、真剣に取り組むために取り組んでいます。美徳ではないということ。真剣に取り組んでいれば、少なからず人から評価されます。真剣に取り組んでいれば、自分で自分に許可を出せます。そういう欺瞞のために本当に正しいことに忠実に真剣に取り組みます……続きを読む
2823文字 | 読了6分 | 投稿日2013年7月8日

本質について、いろいろと書いていく決心がついた

下達という物事が何か、ということに振れる機会があったのでそのことについて。午前に移動していて、目についた物事。根本的、絶対的には旦那を信頼していない妻フラフラ自転車で通行人に迷惑な「自警パトロール」受け取ってもらえない方法のティッシュ配りイラッと来る。ここに書いたのはたまたま今朝目についただけのことできっかけなんだが、下達に溢れている物事にものすごく腹が立つ自分がいる。人生それでエエんか?と思う。……続きを読む
2342文字 | 読了5分 | 投稿日2013年7月10日

スキルや技術から入らない。全部三流以下

本質系コラムスタートします。昨日の下達記事の流れになるけど。スキル、技術、情報、などからスタートする人は必ず浅い人です。それは例えば、ヒーリングを習ったからヒーラーとしてやっていく、とかアロマでこう習ったから頭痛の時はペパーミント、とか新聞に書いてあったから自分は世界のことを知っているとか。そういう三流以下レベルはまずスキルや情報からスタートするというスタンスにあります。同じことがしかし、強みにも……続きを読む
2546文字 | 読了5分 | 投稿日2013年7月11日

「やった方がいい」ことをやると、失敗する

頭いい人はみんな手を打つ。効果的かつ理論に合った手を打つ。やった方がいいことで全体態勢を築く。頭が良くなくても手を打とうとする。主に学校教育やその延長線上にある社会の仕組みがそうやることを推奨している。つまりクセでそれをやる人が多い。頭がいい人に限っても、その人が組み立てた素晴らしい方法がうまく形になる・・・想定した結果になるということはほとんどない。ほとんどの場合でその通りにならない。机上論は実……続きを読む
2613文字 | 読了5分 | 投稿日2013年7月21日

つながる活動は、確信ではない

ひとつさきの 「やった方がいい」ことをやると、失敗する続き的な記事です。何かをやろうと思ったとき、動こうとしたときにつながりやメリット、複合的な利益が思いついたら注意した方がいい。そういうことを思いつかなければうまくいきそうにないことを思いついている可能性が高い。特に、どうせやるならこう持っていけばもっとうまくいく、という考え方が生まれる時はほぼこのパターンにはまっている。いろいろと思いつくのはい……続きを読む
1124文字 | 読了2分 | 投稿日2013年7月22日

人間関係は組織です

ほとんどの人が人間関係で苦労したり悩む。その多くがコミュニケーションで悩む。コミュニケーション、つまりやり取りがうまくできないことに瞑想する。コミュニケーションの鉄則は相手がいないと成立しない出し手に期待する成果がある受け手が反応を決定することができるというもの。一定の本質的なルールがあるのでここが相手とうまくできればコミュニケーションが成立するしできなければわかり合えない。ただそれだけ。だから本……続きを読む
1781文字 | 読了4分 | 投稿日2013年7月24日

トップに戻るボタン