自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

本質的視点

考えると感じるは違う・・・

こちらは2008年12月28日に掲載されたコラムです。一人踊るセミナー・ジャンルの一言編です。コンサルティングなどでよく見かけることを話題にしています 「考える」と「感じる」が違う・・・・ ・・・・などということは、 言われなくても最初からわかっているように 感じるのではないかと思います。 ところが、たとえば個別コンサルティングで   「そのときどのように感じましたか……続きを読む
1046文字 | 読了2分 | 投稿日2016年4月14日

キレイと美しいは違う

こちらは2009年1月1日に掲載されたコラムです。僕は美的センスがかなり狂っているのか、 それとも本質的な部分しか見ていないからか、 (本当にどっちかわからない) 美人を美人だと思ったことがありません。   なので、   「○○さんって美人だよね」 という発言を聞くと、必ず   「え?・・・え?」 か、   「えーーー!?」 ……続きを読む
2669文字 | 読了5分 | 投稿日2016年4月15日

「感情を味わう」と「感情的になる」は違う

こちらは2009年1月25日に掲載されたコラムです。 湧いてきた感情から目ををそむけると心の中で巣食います。 一時は避けれたように思えても後々同じような場面でふつふつと湧いてきていやな思いをします。 「そむける」「避ける」には文字通り『見ない』『なかったことにする』もありますが、代表的なのは    『責任転嫁と正当化のワンセット』    『さっさと結論を出して前向きに頑張る』 の2つが、……続きを読む
1985文字 | 読了4分 | 投稿日2016年4月22日

気配りと心配りは違う

こちらは2009年2月7日に掲載されたコラムです。気配りと心配りはモノが違います。気配りは気遣い、心配りは心遣いと置き換えても構いません。 気配りは一般的、全体的なことに対して行われます。 心配りは個別に、オリジナルに行われます。 気配りは自分が気がついたこと中心に、良かれとされていることに対して働きます。 たとえば、待ち合わせ場所に1人遅れているとして、みんなはおしゃべりに夢中だ……続きを読む
1819文字 | 読了4分 | 投稿日2016年4月24日

才能は強みか?

こちらは2009年2月11日に掲載されたコラムです。結論からズバッというと、才能は強みではありません。 才能というものそのものは強みとイコールではないという意味と、 才能のある物事は必ずしもイコール強みではない、という意味です。    強みは「できてしまうこと」です。努力と訓練なしにいきなりできることです。    能力は「できること」です。努力と訓練によってできるようになったことです。 ……続きを読む
2329文字 | 読了5分 | 投稿日2016年4月26日

大吉を引く方法 ~運の話

こちらは2009年2月14日に掲載されたコラムです。 「運が良い」で片付けてしまうのは、 運が悪いと言って人のせいにすることと同じです。 運が良いのではなく、自分のせい(おかげ)で物事が動いているのです。 運が良いと感じる物事がいったい何で、どんな時にそうなるのかということは 自分の力としてよく観察して生かすことが、 自分が自分らしくうまくやっていくために必要はひとつの捉え方で……続きを読む
648文字 | 読了1分 | 投稿日2016年4月27日

制約がどんな成功法則より力を発揮する、ということ

こちらは2009年3月17日に掲載されたコラムです。堅い文章書きます。超長文です。 制約条件というものについて書きます。 ナポレオンがロシアと戦ったうちのひとつの戦いに、戦死者も多く出て、寒くて、どう考えてももう勝てなくて、 「ああ、これはダメだ。明日夜が明けたら退却しよう」というほど、はっきりと負けを認めた戦いがあります。 夜が明けてナポレオンが愕然としたことは、撤退戦の激……続きを読む
6032文字 | 読了12分 | 投稿日2016年5月7日

未来を思い出す

こちらは2009年3月25日に掲載されたコラムです。 将来のことを考えるとき、人には希望が入ります。 希望というとパンドラの箱が有名で、だから悪いものに対する最終兵器みたいなイメージが頭の中にあります。 ところが、実際には、 過去希望を抱いたものをリストアップしてチェックしてみると、そのほぼすべてが達成されていないということが浮き彫りになります。 強ければ強いほど、理想であればあるほど、その希……続きを読む
1629文字 | 読了3分 | 投稿日2016年5月11日

プロファイリングは統計です

こちらは2009年4月2日に掲載されたコラムです。名古屋で何名かの人に言われたことは、「すごい分析力ですね」ということ。 せっかくそう言ってくださったのに申し訳ないですが、これは分析ではないのです。 正確に言うと、分析も含みますが分析にはほとんど頼っていないという感じでしょうか。 よくテレビや映画でFBI捜査官がプロファイリングするシーンがあります。 「犯人は高学歴の白人男性。年齢は30歳……続きを読む
2769文字 | 読了6分 | 投稿日2016年5月12日

使える直感を知る

こちらは2009年5月21日に掲載されたコラムです。僕に直感について教えてくれた人の受け売りとなりますが、 大体の人は直感を20%程度しか使えていないそうです。 それ以上はなかなか行けないものだとか。 ちなみに100%使えると、人の、世の、なんでもかんでもわかるので苦しいからやめておいた方がいいのだそうです。 やめるも何も、はじめから使えないわけだが・・・・。 僕はその人に直感を発掘されて……続きを読む
2461文字 | 読了5分 | 投稿日2016年5月18日

トップに戻るボタン