自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

本質的視点

背伸びをすること、@4の声はスグ削除

僕の一番の武器はコラムだと思うので、必要な人に上手く読んでもらえるといいなと思います。 自分ができることを考える時、勢いに任せて・・・・もしくは情報に踊らされて無理をすると 近々それは終わってしまいます。 【関連記事】 不必要な情報は取らない。混乱を拡大させない。本来できることに立ち返る 長期戦をやりぬく体力が第一です~まずは体を整える、寝る といって、普段自分がやっていることをただその……続きを読む
3009文字 | 読了6分 | 投稿日2011年3月18日

やがて日常が訪れるでしょう ~危機にしか奮起しないのを平和ボケといいます

「帰るまでが遠足です」です。 まだこの一連の震災はしばらく終わりません。長期戦です。 以前にも書いたけど、テレビでバラエティがはじまりだすと、終わった空気感が流れます。 これも以前に書いたけども、 日常生活を過ごす人が増えれば増えるほど、それは真の意味で復旧したということです。 だから日常生活を享受している人は申し訳ないと思うのではなく、それでよいと心得ることです。 日常生活を営む人は確実に増……続きを読む
2631文字 | 読了5分 | 投稿日2011年3月19日

2種類の【自分には何もない病】

こういうときに不安と恐れを心の軸にして・・・ということは、 他人の目線と被害を被らないことを行動の基準にして 自分の力を発揮しないばかりか閉じ込めてしまう人が少なからずいます。 そのうちのほとんどの人が【自分には何もない病】の病魔に侵されています。 自分には何もない、というのは本当の意味で何もできないし持っていないということではなく、 自分が持っているものなんて価値低い……続きを読む
3045文字 | 読了6分 | 投稿日2011年3月22日

「脳内独り言」が世界観を決めてしまう。

このところずっと、震災を切り口にして自分の可能性を発揮するために必要なことを書いています。 不必要な情報は取らない。混乱を拡大させない。本来できることに立ち返る バタフライ効果を生むこと 長期戦をやりぬく体力が第一です~まずは体を整える、寝る 暑苦しい記事ではなく、マーケティングされた記事を書く。 背伸びをすること、@4の声はスグ削除 2種類の【自分には何もない病】 TOP……続きを読む
4430文字 | 読了9分 | 投稿日2011年3月23日

評論家のはびこる世界など基本的に不要です。

テレビをつけても、ブログに悪意のコメントを残す人も、巷で偉そうに語るヤツも、 そういう人はいらんのです。 そういう人にいろいろと時間を取られたり、二重三重に批判返しをするのも不要。 テレビに出ている人から、居酒屋で文句を言っている人まで そういう人のことを評論家といいます。 責任の伴わない主観でエラそうで、実のところひとつも役に立たない発言を繰り返しては 人を説得しようとし、正しさを証明しようと……続きを読む
2427文字 | 読了5分 | 投稿日2011年3月28日

「真の感情」と「わざわざ感じることで構築された感情」は違う

本来自分であれば、どのような環境どのような状況に陥っても必ず感じる感情というのがあります。 それは人として誰もが感じる感情というのではなくて、 自分だという自分だから、自分として必ず感じる感情のことです。 感情には一般的に正の感情と負の感情があるとされていますが、 そもそも感情は勝手に湧いてくるものなので、正も負もないということかな。 種類分けをしている学者なんかもいて、これが結構面白くて勉強に……続きを読む
2478文字 | 読了5分 | 投稿日2011年3月28日

具現化するということ

左脳の損傷が起こると、時間や空間との境目が認識できなくなってそれはもう・・・ 宇宙と一体になれるわけです。 右脳の機能というのは今と幸せをになっているから(乱暴にまとめてるけど) 左脳が働かなくなった時点で、悠久の幸福感に支配されて恐れも不安もなくなるという極楽状態になる。 悟りを開きたいとか、高次のなんたらとつながりたいとかなら 左脳を損傷させればそれでよし、ということです。 が、人間の構造は……続きを読む
3596文字 | 読了7分 | 投稿日2011年4月21日

人体実験をする。または足を運ぶ

ただ単純に人より多くの本を読んで分類体系化して、真実を追求するだけではなく・・・この人 は、 自分を実験台にして「実際のところどうなるのか」ということを試したりするわけです。 専門家魂に尽きる。 僕も身体のメンテナンスなどなどになると、 ひととおり基礎知識を身につけてから、自分の体を使って実験することはよくあります。ありました。 実験たるや盲目的にただひたすら正確に行う。 で、どうなるか結果を……続きを読む
3324文字 | 読了7分 | 投稿日2011年4月22日

適当と直感は違う

「適当」という言葉がもう既に、だいたいダメワードとして使われています。 なんでダメワードになっているのかというと、適当にやるということには 深く至った考えがない・・・という前提があるからです。 少なくともそういう思い込みの前提があるからです。 考えというのは乱暴に分けて左脳を使うということです。 世の中とか社会は左脳的にやれば・・・体系立てて、順序を踏んで、ルールを守り、より良く考えれば 物事は……続きを読む
3113文字 | 読了6分 | 投稿日2011年5月8日

誤解〜「自分ができることを毎日精一杯やる」

自分ができる目の前のことを毎日やる。真摯な生き方をする・・・と書いたコラムやら動画やらが人気です。 読んでくれてありがとう。とってもうれしい。 んがだね。 ちらほらと誤解ワードが聞こえてくることがあるので、もうちょっと突っ込んで書いてみようと思います。 の前に、こちらどーぞ。 毎日の積み重ねで人生プロデュース決まる セルフプロデュースDVDの様子は~人生プロデューストークお楽しみください……続きを読む
3724文字 | 読了7分 | 投稿日2011年5月12日

トップに戻るボタン