自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

努力の方向性(どりょくのほうこうせい)

努力は、現在のフィールドでどれだけ周囲に合わせることができるかというところには使いません。自分を生かせることのできるフィールドはどこなのか?どうやって探すのか?というところに使います。
92文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

仕事上のフィールドを探す(しごとじょうのふぃーるどをさがす)

自分でこれはと思う人に会いに行き、話を聞き、場を見せてもらい、そこにいる人と交流してみる。または、1人のフィールドが適切な人は就職しようとするのではなく1人で何かをやってみる。そういうことの積み重ねが、自分の存在する場をどんどん明確にしていきます。
124文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

お風呂につかる(おふろにつかる)

自律神経も筋肉も緩むし血行も良くなる。1人の時間、空間なので誰の目も気にしなくていい。大体1日の終りなので、1日を振り返るのにはもってこいなのです。
74文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

自分を知る(じぶんをしる)

イコール自分の過去(から今)を知るということです。毎日、今日という過去を振り返るエクササイズ?をやっている人と、やっていない人ならやっている人の方がはるかに自分を知っていて、その結果自分に合った行動、考え方、フィールドが何か、どこか、ということを把握しやすくなります。
134文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

自己組織化(じこそしきか)

リーダーが理念と方向性を示してぐいぐい引っ張っていくのではなく、そうなるようにできていく、というスタイルで組織的、体系的なシステムが作られていくことです。
77文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

リーダー(りーだー)

指導者でもカリスマでもなくって、ただ単純に人の頭の中にあるイメージと一致している人のことです。リーダーを作ろうと思ったら、このイメージ像に一致すればいいのであって、結果や成果を打ち出す必要は必ずしもありません。
105文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

丸出し(まるだし)

買ってもらうためにも信頼を得るためにも知識や情報はほぼ「丸出し」するぐらいの姿勢が正しい方向です。
49文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月8日

トップに戻るボタン