自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

今の状況で、今の状態で、できることをやるしかない。(いまのじょうきょうで、いまのじょうたいで、できることをやるしかない)

せいぜいその程度しかできることなどないのだからガタガタ言わずにやれ、ということです。意味付けや大義で自分を飾っているのではなくて、目の前のことぐらいしかできないちっぽけな存在ということを自覚してやることやりなさいや、ということです。
116文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

目の前のできること(めのまえのできること)

どうせしょうがなくいる自分の特性を生かすものでなければ全然意味がない。自分が自分らしくとか、ありのままの自分とか、結局はそういうところに行きつきます。自分を知っていなくては自分を生かすことはできないし、「目の前のできること」を精一杯やっていることにはならない。
130文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

五感(ごかん)

視覚、聴覚、体感覚(触覚)、嗅覚、味覚。
20文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

直感(ちょっかん)

心理学では適応性無意識と呼んで研究が進んでいて、その視点では第1感とする。第6感の感性の中に直感が含まれるという考え方もあって、感受性やインスピレーション、勘、直観、などと同列という考え方もある。右脳の辺縁系(動物の脳)を使っているという話もあるので、人間関係やその営みにより力を発揮するという見方もある。
153文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

視覚を磨く(しかくをみがく)

色々なものを見たり、イメージしたり、普段見ないものを見に行く。ゲームや3Dの映画も楽しむ。
45文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

聴覚を磨く(ちょうかくをみがく)

さまざまなタイプの音楽を聴き、森に行って音を拾い、楽器に触れて自分で音を出してみる。
42文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

トップに戻るボタン