自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

嗅覚を磨く(きゅうかくをみがく)

アロマをたくさんの種類嗅いでみるとか、海や山に出かけてみる。人工的な香りを避けてみる。
43文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

味覚を磨く(みかくをみがく)

食事のバリエーションを広げる。自然の生の味を味わったり、食べモノではないものを口に含んでみる。
47文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

共感覚(きょうかんかく)

ある刺激に対して通常の感覚 だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。例えば、共感覚を持つ人には文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする。 感性間知覚。通常の意味で使われる共感覚は、むしろ強みに近い特殊性で語られることが多いようです。
145文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

五感を磨く(ごかんをみがく)

五感は連動しているものがたくさんあって、ここを磨くと連動のパイプが太くなります。五感を磨くだけで、他の様々な感覚器官に刺激と影響を与えるので、連鎖的に感覚が向上していきます。「どんどん敏感になっていく」わけです。五感を磨けば、それに引っ張られて第6感も磨かれていきます。
135文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

感覚器官が敏感になる(かんかくきかんがびんかんになる)

知覚の幅が広がります。より色々なことが分かるようになるということ。だから何かの感覚器官を刺激するだけで通常やこれまでには分からなかったことまで分かるようになってくる、ということ。
89文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

スピ系(すぴけい)

スキル。方法論。方法論を成り立たせているものが権威としての神とか宇宙とか、人智を超越したもの。
47文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

脳の作り(のうのつくり)

人によって違うのだからある人に見えないものが別の人に見えても何もおかしくない。
39文字 | 読了1分 | 投稿日2015年11月20日

トップに戻るボタン