自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

成功的な成果(せいこうてきなせいか)

成功的な成果を導くのは焦りではなく、自分の検証です。強みとか素質とか。自分がうまく成果を導き出せる物事を明らかにしてそこに集中する。苦手なものに、うまくできないことに使っている時間はないんです。
97文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月10日

曲解(きょっかい)

本人の中ではドストレートに正しく曲がらず受け止めているのだけども、そもそも、自分の中にある物差しが曲がっているのでまがった基準で線を引くと結果も曲がってしまう・・・・なんていうことに陥りがち。その基準に合っているものを受け入れ、会わないものを否定・・・・はせず、なかったことにしてしまう、ということ。
150文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月10日

人の話を聞く(ひとのはなしをきく)

見たいものだけを見るとか、聞きたいことだけを聞くということをうまく克服するのに、最初にやることは人の話を聞くということ。必死ぶっこいて聞くということ。自分がその話を何も知らず、しかしものすごい重要なことを言っている・・・というときの聞き方をする。
123文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月10日

小説を読む(しょうせつをよむ)

人の話がよくよく聞けるようになったら、人のタイプによってやることは違うのだけども、見たいもの聞きたいこと以外のことに注目してみる。一番わかりやすくて簡単にできるのは小説を読むこと。
90文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月10日

見える世界そのものの幅(みえるせかいそのもののはば)

大きくなると、最初は自分の見える力聞こえる力が大きくなることに喜びを感じるのだけどももっと大きくなると「自分に見えるもの、聞こえることには限度がある」ということが分かるようになる。知覚が広まる上に、人との接し方もおのずと変化するようになる。
120文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月10日

視野を広げる(しやをひろげる)

見聞する世界の情報量を増やしまくって、臨界点を超えさせることで視野を広げることができるようになります。そういう意味でいろいろなジャンルや分野をやってみること、知覚を広げることは大事。
91文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月10日

トップに戻るボタン