自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

現実逃避(げんじつとうひ)

自分を生かすだけが良いわけでもない。自分を殺している本当の課題に向き合うことを避けて、前向きに生きているだけの人ははっきりと現実逃避です。
69文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月12日

それは自分でなくてはならないことですか?(それはじぶんでなくてはならないことですか?)

自分でなくてもいいのなら、自分でコツコツやっていることが自分に対する裏切りです。自分でなくてはならないなら、この自分でなくてはならないものと、あの自分でなくてはならないもののどちらをよりコツコツと積み重ねているか?ということ。
113文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月12日

コツコツやるということ(こつこつやるということ)

自分でなくてはならないことをやっている。より自分でなくてはならないこともフィードバックしている。そして、その自分でなくてならないことを人目に止まらせる必要があるものは認知してもらうためにコツコツやっている、ということ
108文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月12日

処世術(しょせいじゅつ)

処世術は毎日精一杯生きている自分を生かすためにあるのであって、それ以外のためにはない、または関係ない・・・ということです。
61文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月12日

二次的強み(にじてきつよみ)

強みではあるんだけどブロックとか処世術マインドで、自分らしくない世界の方に歩いて行ってしまったとき、そういう危なげな方向に向かって進んでいるのでやむを得ず使わざるを得ない強みのこと。本来の自分らしく、自分を生かす道に進んでいればおそらく使っていなかっただろう強みが二次的強み。
138文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月12日

強み(つよみ)

できてしまうこと。脳構造的に人より優れてできてしまう。努力や訓練なしにいきなり人よりもできるような力のことで、誰でもいくつも持ってます。
68文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月12日

能力(のうりょく)

努力と訓練でできるようになったこと。なんで努力と訓練が必要なのかというと、社会適応してうまく生きて行くため。そもそも備わってはいなかった力を身につけることでうまくやろうとする・・・ということ。
96文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月12日

逆次的強み(ぎゃくじてきつよみ)

自分のブロックを正当化して行動するために使われる強みです。はじめにブロックと正当化ありき。強みを使っていれば、自分の人生はすばらしいし間違っていないと「思える」というか。ある意味誰も反論できない究極の武器・・・いいわけ理由として強み人生を使うという感じ。
127文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月12日

トップに戻るボタン