自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

構造の前提を入れ替え(こうぞうのぜんていをいれかえ)

構造の前提を入れ替えしなければ、本当の意味でうまく強みを使ってやって行くのは不可能です。構造の前提入れ替えをするための一番適切な質問は、「本気で素のまま育ったとしたら、どんな強みを使っていた?」というやつです。
105文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月13日

せっかく強みを使っているのになんだかうまくいかないんですけど?状態(せっかくつよみをつかっているのになんだかうまくいかないんですけど?じょうたい)

強みを生かして自分らしくやりたいとか、特に強み発掘家を目指す人なんかは、ここらへんを勘違いしたり見過ごすとせっかく強みを使っているのになんだかうまくいかないんですけど?状態になり得ます。意識的に気がついて、自分で構造を変えるという選択や決断をすることが一番大切なんだよなぁ。。。
139文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月13日

バランス(ばらんす)

バランスを問題・・・話題にするということはつまり、偏った状態を避けるという前提があります。つまり偏っているとうまくいかない、うまくできないという前提のことです。バランスをことさら気にするのは、前提にネガティブがあるからです。最初から、分離をベースにしています。
130文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月13日

うまくいかない視点(うまくいかないしてん)

例えば、右脳と左脳のバランスを取ってうまくやろう!としたとき、それはもう、右脳か左脳に偏っているためにうまくいかないんだ!そんなのはダメなんだ!だってうまくいかないんだもん!どちらにも長所と短所があって、片方だと短所も出るんだよ!!なんていう、もう完全にうまくいかない視点なわけです。
142文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月13日

統合(とうごう)

必要な情報、必要な力を使う、必要な結果を得るために必要なことはバランスを取ることではなく統合することです。元々ひとつのものを、分けてやるためにうまくいかないから元に戻そうという考え方です。今発揮できている自分と、まだ発揮できていない自分を統合するだけです。うまく統合されたものは必ず調和されます。
148文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月13日

波動(はどう)

物質はある特定の周波数(つまり振動の波)を放射しています。なんで物質が放射しているのかというと・・・波動があるのかというと、原子の周りを電子が回っているから。物質が原子からできている以上、どんなものも波動を放射しているということ。
115文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月13日

可視領域(かしりょういき)

色というのは人間の目がとらえることのできる特定の周波数・・・波動のことで、人間の目でとらえることができる周波数を可視領域と言います。
66文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月13日

波動共鳴(はどうきょうめい)

わかりやすい言葉だとシンクロニシティ。科学的に言うと同期。悪い影響を与える周波数もあれば、良い影響を与える周波数もある。波動を下げてしまうと付き合う人の質が悪くなり、健康にも悪影響がある・・・なんていうことも言われています。
112文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月13日

タダの同期現象(だたのどうきげんしょう)

シンクロのことを奇跡的体験みたいにとらえる人がいるけども、大きな間違いで同種の波動は共鳴して響き合うように、物理的にできています。シンクロなんて日常にごろごろとあふれているタ毎日の現象です。
95文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月13日

トップに戻るボタン