自分の強みを明らかにする松原靖樹のエスモーズ理論

HOME / コラムを読む

辞書

公私の一致(こうしのいっち)

「公」と「私」は一致度が高い方がいい。自分らしく、自分の資質を生かし素の尊厳が守られることとその自分を取り巻く環境は一致している方がいい。公私の一致が難しいと考えてしまう心理背景には、「公」というのは与えられるものであり、自分の希望をそこで通すのはわがままで自己中で協調性のない間違った人間だという誤った知覚がある。
158文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

真の公(しんのこう)

「公」を自分で、自分の「私」に合わせて作るのが真の公である。それは自分を生かすという意味で「私」の追求でもあって、「公」は与えられ強制されるものではなく、自分で作るものだと捉える必要がある。「公」を作るために資質をフル発揮し、素を貫き通す。当然、それに反発を覚え、嫌悪する人は去る。賛同し、共感する人が残る。淘汰が起こる。この淘汰によって真の公を作る。
176文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

すごいムダ(すごいむだ)

普段から習慣的にムダを考えまくり、ムダ情報を集めまくる習慣のこと。いつも必ずムダ手順8割を踏んでしまう習慣を持っているということ。
65文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

すごいムダの共謀関係(すごいむだのきょうぼうかんけい)

すごいムダなことをやる人と、別のすごいムダなことをやる人の「すごいムダ波長」がぴったり合うと、お互い共感しながらすごいムダ考えとすごいムダ情報を提供し合って本気でそこに向き合い、長い時間をかけて一定の素晴らしい結論を導く。ムダは連鎖され、タッグを組んで共謀関係の世界にどっぷり落ちて行く。
144文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

制約による誓約(せいやくによるせいやく)

引き換えの考え方で、つまりは犠牲を払うので見返りをくれ、というやり方。現実的には使わない方がいい。そして、知らずのうちに使っている人が多い。どんな風に使っているのかというと、自分に対して無意識で使っている。自分で無意識に設定した制約と誓約なので、やはり、自分でそれをどうにかしようとする気がない人は解除が難しいかな。
158文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

制約解除(せいやくかいじょ)

行動面で「止める」を採用するだけでいいんだけどね。そこで「じゃあどうしたらいい?」とか言い出すからできないんだよ。「止める」話をしているのに、「やる」話を持ち出して混同しない。ただ止めればいいのに、理解な納得を求める質問をしない。何かを止めれば制約と誓約が解除されるのに、なんでごちゃごちゃ言うのかね?
151文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

制約習慣(せいやくしゅうかん)

制約の誓約によって何かを得ると、それでしか何かを得ることができないという思い込みの習慣が身に付く。そしてこの習慣の恐ろしいところは、制約習慣そのものが自分を縛る制約になる、というところにある。通常の習慣は、単体での制約×誓約にしかならない。なんだけど、制約習慣は、それ以外の決定の全てに制約条件を発動する。
153文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

自動制約の呪い(じどうせいやくののろい)

制約の自動発動のことを、現代語で一番近い言葉に当てはめると「呪い」になる。いちど自動制約の呪いにかかるとたとえ気がついて外そうと思っても、うまく行くように試みても、単発の制約をいくら取っても皮膚組織が自動的に再生するように、制約×誓約のメカニズムが再発動する。自動制約に本気で手をかけるとするときも、やはり止めるという方法が一番の切り口になる。
172文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

最大にムダを省く方法(さいだいにむだをはぶくほうほう)

ムダが生まれるほとんどの場合で起こるのは「上手い成果を取ろうとしたとき」に、できることやなってしまうことに真剣に取り組もうとしてムダが生まれる。「うまくいくようにやろう」とするから、うまく行こうとしてムダが生まれる。ということは、うまく行こうと全くせずに、しかしうまく行くのであればムダなプロセスは生まれないということになる。はず。。
167文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

既にそうできている(すでにそうできている)

物事には「既にそうできている」という確定したものがある。それは過去の物事で、もう手入れのできない決定事項だったりする。確定しているということは、結果は必ずそうなるということだからプロセスの上で「する」とか「なる」ことをやる必要がない。ただ既にそうできている物事として結論を受ける。既にそうできている物事は、こうしている今も既にそうできているものが、そうできているという形になるためにリアルタイムにプロ……続きを読む
209文字 | 読了1分 | 投稿日2015年12月29日

トップに戻るボタン